福知山線被害者の風俗嬢のブログ | あの事故から奇跡的に生き残ったのに、退職を余儀なくされ、今はデリヘル嬢・・・

 

デリヘルくじら座川越

  • 投稿者 : 換羽運長
  • 2013年9月17日 11:52 PM

355デリヘルお客はビールの折を上げて宣言した。川越とはいっても|…わたくしの言い分は以上であります」バディが父親であるベインズ町長を弁護するのかと人気風俗嬢は思った。しかし彼はうなるような声を出しただけで、自分の横に置かれたボウルからポテトチップスをひとつかみ取りだした。ポテトチップスで口の中をいっぱいにしながら、彼は人気風俗嬢のほうを向いた。「町の人たちは君たち二人のことを聞いて購いてるよ。君はデリヘルお客のいつものタイプとは違うものな」「ありがとうございます」人気風俗嬢は礼儀正しく応えた。デリヘルお客がくすくす笑った。バディは彼女をさらにじっくり観察し、今度はデリヘルお客のほうを向いて訊いた。「お母さんは君たちの婚約をどう思ってるんだい?それとも新しいボーイフレンドとのおつきあいに忙しくて、そんなことかまってられないかな」「バディ、やめて!」風俗嬢が叫んだ。川越と「あなた、どうしちゃったの今夜は。川越だとしたらすごく意地悪なものの言い方をして。単なる噂話に過ぎないようなことを持ちだすことなんかないでしよ」「噂話って?」デリヘルお客が訊いた。例えば川越 デリヘルから「何のことだ」バディはまたポテトチップスをひとつかみ、nに詰めこんだ。「風俗嬢、言ってやれよ。どうせ俺が言ったって信じやしないから」風俗嬢が両の手のひらでビールの缶を転がすと、結婚指輪が缶に触れて乾いた音フ点フミノ、ノノを立てた二川で飛びかってる根も葉もなしただの噂よ」「母に関することだったら、俺は聞きたいね」「もともとはアンジー・コッターがネリー・ロメロに話したことらしいのよれ。

この記事のトラックバックURL :

この記事へのコメント

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。